【子育て】子どもが自立できる部屋を作る

 1.自立した子供(トップ)

実際の事例を元に、ライフステージオーガナイズで「理想の住まい」を手に入れた方のお話をインタビュー形式にまとめました。

「ライフステージオーガナイズ」をより具体的にイメージしていただけると思います。

今回のお話はこちらです。 

 

「子どもが自立できる部屋」を作ると「家族それぞれが自立できる家」になりました

ライフステージ 子育て( S様 38歳女性 / 旦那様・入学前のお子様1人の3人家族)

ご利用サービス 片づけパーソナル相談 → オーガナイズ作業

Q.どんなことで悩んでいましたか?

このマンションに引越してから7年。

小さかった娘も来年は小学生。そろそろ自分の部屋を欲しがるようになりました。
そこで、親としては「子ども部屋を作ってあげたい」という思いが出てきたんです。

ところが、新婚当時はスッキリしていた部屋も、知らないうちにどんどんモノが増え、一部屋は完全に物置状態。

もともと、その部屋を子ども部屋にする予定だったのですが、子育て中はまとまった時間がとれない。
夫も家のことには無関心だし、私がやるしかない。

この部屋をどうやって子ども部屋に生まれ変わらせるか。

それが私の悩みでした。

2.汚い部屋

 

実際に片づけ始めたのですが…

その後、子ども部屋を作ろうと、

  • 収納本を読み
  • 片づけのブログを参考にしつつ

とりあえず物を全部出してみたのです。

でも、

  • そこからどう収納するのがいいか分からない。途中で手が止まる…
  • 子供が小さいと細切れの時間ばかりで、全然進まない…

ついには、「自分でできそうにないなぁ…」と散らかった部屋を見てため息ばかりになりました。

 

Q.ライフステージオーガナイズのキッカケは?実際やってみてどうでしたか?

そんな時、川崎さんのことを知りました。

雑誌に載っている川崎さんのご自宅は、4人の男の子の子育て中というのが信じられないくらいキレイな部屋でした。

そこで、私はすごく興味がわいたのです。

「片づけのプロの部屋を実際見たいし、アイデアやコツを聞いてみたい。
 何で自分でできないのか、理由が分かれば自分で全部できるかも…。」

そして私は片づけパーソナル相談に申し込んでみました。

3.川崎宅リビング

実際に川崎さんの自宅を拝見すると、想像を超えるキレイさ!

「プロの家ってやっぱりすごい!」

さらに、川崎さんに聞かれたことに答えていると、なぜか分からないけど、私自身のライフステージやその中で大切にする価値観や「理想の暮らし方」がすごくハッキリしてきました。
さらに、それを実現する「理想の住まい」の姿もハッキリ見えてきました

それが、

  • 子どもが「自立する」ための子ども部屋をつくりたい
  • 「家族それぞれが自立できる」ための片づけの仕組みをつくりたい

この暮らし方や住まいの作り方を、川崎さんは本当に具体的で分かりやすく伝えてくれました。

例えば、

  • 自分の価値観、脳タイプ、脳タイプが家族で違う場合の対処法
  • 動線に合わせたモノの配置の考え方

など、家族それぞれが「動きやすく、住みやすく、片づけやすい」家の仕組みを伝えてくれたんです。

 

さっそく家に帰って夫に話してみました

感動した私は、さっそく夫に相談結果を話したんです。

夫もうなずきながら聞いてくれました。
片づけに無関心な夫でも、家がキレイになることは興味があるみたい。
川崎さんのアドバイスを一緒に実践してくれて、私もうれしかった。

ただ、実際に片づけを進めようとすると、いろいろと問題が出てきました。

  • 休日に時間をとって片づけても子供がぐずるので集中できない
  • 物の選別では意見の違いでケンカになる

しばらくやってみた結果、夫も子供を見ながらでは片づけが進まないことを理解してくれました。

最終的に、夫が「片づけるのは時間がかかるからプロに来てもらったら?」と言ってくれたんです。

同じことを強く感じていた私は、さっそくオーガナイズ作業を申し込みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「さすが、プロ!」

作業期間中、ずっと私がつぶやいていた言葉です。

川崎さんは、私や家族の状況を考えて、毎日よく使う場所を起点に、家族それぞれの生活動線に合わせた「片づく仕組み」を作ってくれました

どんどん、きれいになる。
自分でできない作業がすいすい進む。
自分がやってきたのと全然違う仕上がりと使いやすさにビックリ!

出張から帰宅した夫も大喜びで家中あちこち見ては感動していました。
ついには、当初予定になかった自分の書斎もやって欲しいと言い出したくらい。

 

その後どんなふうになりましたか?

最初は子ども部屋をつくりたくて頼んだオーガナイズ作業。
だけど、最高の子ども部屋ができただけじゃなくて「家族それぞれがすごく使いやすく、暮らしやすい家」もできました。

そうすると、毎日の洗濯、料理、掃除に対するストレスが全然違う。
家が心地よくなったので、よくすれ違っていた夫婦仲もよくなった

5.家族3人

例えば、私がカゼで寝込んだときも、夫一人で家事をやってくれました。
今では「俺って家事に向いてるかも?」と言いながら、キッチンに立ち料理をしてくれることもあります。

本当にこの家が大好きになったし、夫も子どももよろこんで家事をしてくれるようになったので、私の自由な時間が増えました
今は増えた時間で子供の服を作って楽しんでいます。

「もっと早く頼めばよかった」というのが正直な感想です。

 

「すぐにでもやってみたい」あなたは

バナー_住まいをつくる

川崎が提供するライフステージオーガナイズサービスです。

結果を出すにはプロと一緒にやるのが一番!
まずは相談からどうぞ。

他のストーリーにも興味があるかたは

ライフステージ ストーリー
子育て 新築-理想の新居で暮らす
職場復帰 育休明けー仕事と家庭を両立する
子育て 子どもが自立できる部屋を作る
子育てひと段落 念願のママ起業で自宅サロン
子供の巣立ち 夫婦の幸せと子どもの巣立ち