【子育て】新築-理想の新居で暮らす

 1.家族写真

実際の事例を元に、ライフステージオーガナイズで「理想の住まい」を手に入れた方のお話をインタビュー形式にまとめました。

「ライフステージオーガナイズ」をより具体的にイメージしていただけると思います。

今回のお話はこちらです。 

 

私や家族にとって「本当に理想の新居」を新築することができました

ライフステージ 子育て( K様 40歳女性 / 旦那様・小さなお子様2人の4人家族)

ご利用サービス 片づけパーソナル相談 → 新築収納設計+オーガナイズ作業

 

Q.どんなことで悩んでいましたか?

家を新築するにあたり、半年前から工務店と新築設計をしていたんですが、思い通りの設計にならず悩んでいました

収納のプロのブログを見たり、本で勉強したり。
「使いやすい家」にしたいと自分なりに考えて、設計士さんに伝える毎日。
設計士さんも快く図面を描いてくれるものの、何度打ち合わせを重ねても「これだ!」というプランにならない。

そうするうちに、設計士さんからは「もう時間がないので決定でいいですか?」と言われる。
夫からも「もうどれでもいいから決めてくれよ」、とあきれ顔で言われる始末。

2.あきれる

私がしたいことは反対されて、もう何がいいのかわからない!
でもそんな気持ちのまま、家を建てるのはイヤだ…

そんなふうに、設計図面を前に答えが出ないまま、ずっと悩んでいました。

 

Q.ライフステージオーガナイズのキッカケは?実際やってみてどうでしたか?

そんなとき「同じように家を新築した収納のプロが、実際の部屋を見せてくれる」という片づけパーソナル相談を知ったんです。

今の設計図面を持っていけば、具体的に話しを聞いてもらえるみたいだし、プロのアイデアが参考になりそうだと思って申し込みました。

実際に行ってみると、プロの家ってすごい。
徹底しているなぁ…目からウロコだ。
私が熱望していたラクに片づけられる家ってこういうことだ。
動線を考えるってこういうことだ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、川崎さんと相談する中で、私自身のライフステージやその中で大切にする価値観や「理想の暮らし方」が明確になってきました。さらにそれを実現する「理想の住まい」の姿もハッキリと見えてきたんです

それが、

  • みんなが自然とリビングに集まって会話できる家
  • 家事がラクになって、みんなが自分で楽に片づけることができる家
  • さらに、20年後の暮らしにも夢が持てる家

この暮らし方や住まいの作り方を、川崎さんは本当に具体的で分かりやすく伝えてくれました。

どうすればみんながリビングに集まって会話できるのか、自分で片づけられるようになるのか。
これから先、どんな風に生活が変わっていくのか。
家族構成や一日の行動に合わせた配置、子供の年齢や性別、大きくなった頃の持ち物の変化。

私の子育てや家事のストレスも理解してくれた上でのアドバイスをもらえたり、片づけが苦手な私でもラクに片づけられるヒントがいっぱい!

片づいた家で収納の設計をプロが説明してくれると一人でもんもんと悩んでいたことが一瞬で解決したんです。

結局、私のストレスを根本から解決するためにはもうちょっと設計変更が必要なこともわかり、大きな収穫がありました。

 

でも一人で考えると、やっぱり分からないことが多い

もっと教えてもらいたいので、次は実際に今度は自分の家のモノを見てもらおう。
そう思った私は、新築収納設計をお願いしてみました。

川崎さんが家に来て見てくれた結果、

  • 引っ越し先で今の家のモノが入るのか?
  • つい散らかってしまうものがどうやったら片づくのか?
  • 子供部屋はどうしたら片づけられるのか?

などの疑問に目からウロコのアドバイス。

例えば、玄関のスイッチは子どもが汚れた手で触ったり、買い物のあとに両手に荷物を持っていることもあるので、人感センサーがいいですよ、と言われて納得。

このまま引っ越ししていたら子供が使いにくい収納だったし、リビングも収納がなくて、結局置き家具を購入するハメになるところでした。

5.夫の書斎

さらに、川崎さんのアドバイスは、将来の暮らしを踏まえた収納におよびました。

例えば、寝室の隣のクローゼットに夫の趣味のコーナーを作る。
プ子どもが巣立ったあとは夫の書斎になる、といった具合。

夫は書斎をあきらめていたので、その提案に大喜びでした。

 

生活者としての目線にすごく納得

とにかく、アドバイスの一つ一つが、川崎さんの生活者としての目線に基づく納得いくものだったので、全ての収納の設計を川崎さんにお任せしようと思いました。
そして、新居全体のオーガナイズ作業をお願いしたんです。

その後、川崎さんが作成してくれた収納の図面を工務店さんに渡して打ち合わせ。
もともと住宅設計のプロでもある川崎さん。スムーズに設計が決まりました。

6.引っ越し

さらに、引越しの1か月前に2回、片づけを一緒にやってもらいました。
新居で使わないモノ、特に粗大ごみをうまく処分できました。

プロと一緒に片づけると、新居で本当に使うモノ以外はちゃんと捨てられる。
モノの量が減ったので引っ越し費用が安く済んだのもポイントです。

そして、引っ越し3日後にはモノの配置の調整に来てくれました。
バタバタしていて段ボールを開梱できていないところも、プロの配置で使い勝手が格段によくなりました。

 

その後どんなふうになりましたか?

今は、新しいキッチンに立って料理をするのが本当に楽しいです。

新居では、洗濯も掃除も料理もすべてがラクで、自分の時間がもてるようになりました。

夫も家に帰るのが楽しみの様子。
早く帰ってくるし、子供たちもリビングで勉強したり一緒に遊んだり、とても楽しそう。

7.幸せ

そして、本当に実感できているのが、私自身の「理想の暮らし」
みんなが自然とリビングに集まって会話できる家。
そして、家事がラクになってみんなが片づけられる家になったんです。

ある日、体調を崩し寝込んだ私。
つらくて毎朝の子どもの世話ができなかったけど、ふだんは何もしないで寝ている夫が、朝の食事も片づけも着替えも、登校の仕度も、連絡帳の印鑑押しも、私に問い合わせることなく、ぜんぶやってくれたんです。
おまけに、娘は紅茶を作ってもってきてくれまし

涙が出るほどうれしかった

やっぱり収納設計してもらったので、生活しやすくなっている証だなと、感動してしまいました。
今までのストレスは何だったんだろう?と思うくらい、みんなが変わりました。

本当にありがとうございました。

 

「すぐにでもやってみたい」あなたは

バナー_住まいをつくる

川崎が提供するライフステージオーガナイズサービスです。

結果を出すにはプロと一緒にやるのが一番!
まずは相談からどうぞ。

他のストーリーにも興味があるかたは

ライフステージ ストーリー
子育て 新築-理想の新居で暮らす
職場復帰 育休明けー仕事と家庭を両立する
子育て 子どもが自立できる部屋を作る
子育てひと段落 念願のママ起業で自宅サロン
子供の巣立ち 夫婦の幸せと子どもの巣立ち